ディアナチュラ ビタミンC |
"飲む点滴"高濃度ビタミンサプリメントの効果・効能wiki

       

ディアナチュラ ビタミンC

  • 食事が偏りがちで、野菜や果物があまり摂れていない
  • 肌の乾燥が気になる
  • 疲れやすく、何となく調子がわるい
  • からだの健康を保ちたい

特徴

  • 飲みやすいカプセルタイプ。健康づくりや美肌効果のために、食事だけでは補えないビタミンを手軽にサプリメントで摂ることができます。

  • 1日2粒で、ビタミン1,000㎎を摂取できます。国内の工場で生産され、香料や着色料、保存料が入っていないので安心です。

使用方法

1日の摂取量の目安は、1日2粒です。噛まずに水やお湯と一緒に飲みましょう。体質によっては、まれにからだにあわないことがあります。
飲みやすい粒の大きさになっていますが、小児の手の届かないところに置き、誤って飲まないように管理しましょう。
香料や着色料、保存料は使用していないので安心ですが、薬の内服をしている方や妊娠中の方は、医師に確認してから飲みましょう。

口コミ

  • 普通肌|30代前半

    少し風邪ぎみのときにこのサプリメントを飲むと、体調がよくなった気がします。いつも、調子が悪いなと感じたときに、飲むようにしています。

  • 普通肌|40代後半

    野菜をあまりとらないので、そろそろ健康のことを考えようと思い飲んでいます。カプセルタイプなので飲みやすく価格も手頃なのでたすかります。

  • 普通肌|30代前半

    肌トラブルに悩んでいたので、ビタミンCのサプリメントを選びました。少しずつ肌に透明感が出てきたので、もう少し続けて飲んでみたいと思います。

管理人からのコメント

  • 野菜不足な人のために。国内で生産された無添加のビタミン

    忙しい生活が続くとバランスよく栄養素をとるのは難しく、とくに野菜不足が気になってきます。ビタミンCは野菜や果物に多く含まれていますが、からだのなかにためておけない栄養素。摂りすぎても、その分は尿として排泄されてしまいます。だから、効率よくサプリメントを摂っていくことが必要なのです。しかし様々なサプリメントがあるので、どれを選んでいいかわからないことも多いことでしょう。

ディアナチュラのサプリメントは、2粒に1,000㎎のビタミンCが配合され、国内の工場で生産された無添加のサプリメントなので安心です。粒も飲みやすいカプセルタイプで、ボトルタイプとパウチタイプがあるので、ライフスタイルにあわせて選ぶことができます。

野菜や果物などに多く含まれているビタミンC。例えば、レモンやアセロラなどを毎日摂ることは難しいでしょう。野菜も、いちどに食べられる量は決まっています。
必要な栄養素をきちんと摂る、補助的な食品としてサプリメントを効率的に摂ると不足しがちなビタミンCを補うことができます。

ビタミンCはコラーゲンの合成に必要な栄養素。そのため、ビタミンCをとることで美肌の効果が生まれ、お肌に弾力やハリがでてきます。その他にもビタミンCには、アンチエイジング効果として抗酸化作用や細胞が老化していくのを防いでくれる作用もあります。これによって、肌の調子がわるく乾燥している、肌荒れがひどくなってきた人にもビタミンCのサプリメントは効果的です。

また、ストレスがたまりがちな現代人に、ストレスを和らげる効果があるビタミンCは注目されています。ビタミンCの効果のなかには、からだの免疫力をアップさせる作用もあり、感染症の予防効果や生活習慣病の予防にもなると期待されています。
特にアルコールをよく飲む方、喫煙をする方、ストレスを感じることが多い方などは、ビタミンCの消費量が増えることがあります。そのため、毎日積極的にビタミンCを摂取することが大切になります。
ビタミンCは、風邪や生活習慣の乱れによる免疫力の低下を防ぎ、肌の免疫機能も高めてくれるので、からだのなかと外の健康を保つために大切な栄養素といえますね。

厚生労働省に定められている健康日本21で、成人における野菜摂取の目標は1日350gとされています。このうち緑黄色野菜は120gとなっています。これを毎日続けるのは、ライフスタイルの変化や食生活の偏りなどによって、難しくなっているのが現状です。

ビタミンCは、野菜や果物、とうもろこしやイモ類、根菜、豆類などにも含まれています。野菜からビタミンCを摂れないときには、食事のメニューに加えてみると良いでしょう。それでも、野菜不足気味なときには、サプリメントで補ってみてはいかがでしょうか。

サプリメントの飲み方としては、食事と一緒に消化されるのを防ぐために、空腹時や寝る前が良いとされています。さらにビタミンCは、水溶性なのでからだの中にとどまることができないという特徴があります。そのため、毎日必要な量を摂っていくことが大切です。これからの健康のことを考え、ライフスタイルに合わせて飲み方も工夫してみると良いでしょう。