ビタミンCのサプリメントでストレスの軽減や免疫力を高められる! |
"飲む点滴"高濃度ビタミンサプリメントの効果・効能wiki

       

ビタミンCのサプリメントでストレスの軽減や免疫力を高められる!

2018.02.10

ビタミンC サプリメントを摂取するなら、その効果を十分に役立てるために、基礎知識が必要となります。数あるサプリメントや栄養素の中でもビタミンCは、体内に溜めておけない性質です。どんな時に飲むといいか、どんな人に必要なのかなど、必要な人が必要なタイミングで摂取できるようにしましょう。

■ストレスを抱えている人にもおすすめのビタミンC

ビタミンCはストレスを抱えている人や疲れによるダメージを受けている人などにもおすすめのビタミンです。ビタミンという成分は、体を作る素材になったり主体的な存在ではありませんが、体の部位を作ったり、体調を整えたりするために働いています。中でも副腎という体の部位で作られる抗ストレスホルモンのためにビタミンCは働いています。

吸収されたビタミンCは副腎の中で大量に蓄えられますが、ストレスを受けるとそれを解消する役割を持った「アドレナリン」という物質を作り出すためにビタミンCは使われて、減っていきます。この働きによって、エネルギーの供給体制が整えられ、血液中の糖質を増やして、脈拍や体温が上がります。人は、このようなビタミンCの供給や神経伝達物質の生成によってストレスに備え、心身を守ることができるのです。

ストレスは心の問題というだけでなく、体にも色々な影響を及ぼします。心に生じた負担がストレスとなり、体に悪影響を及ぼすこともありますし、疲れた体によって気持ちまで疲れてしまうこともあるでしょう。現代社会ではストレスと無縁の生活をすることは難しいため、ストレスを軽減出来る効果のあるビタミンCは本当に大切な存在となります。

ストレスというと精神的な負担を思い浮かべがちですが、気がつかないうちに感じている暑さ寒さなどの温度差や体の疲れ、睡眠不足なども原因です。知らないうちにストレスはたまり、ビタミンCが失われることもあります。

■風邪やインフルエンザの季節にも強い味方に

ビタミンCといえば、「風邪を引いた時に摂るといい」といったイメージがあります。風邪を引いたらミカンなどのかんきつ類を食べさせられた記憶を持つ人も多いはずです。ビタミンCイコール柑橘系イコールウイルスなどの感染予防、というイメージはもはや一般論といっても良い位でしょう。

風邪やインフルエンザなどの感染症にビタミンCが良いと言われているのには、きちんとした理由があります。ビタミンCが風邪やインフルエンザの菌、ウイルスのたぐいも倒してくれる強い味方だと考えられているのは、免疫への働きのためです。ビタミンCは、美白効果や抗酸化作用などの働きによってスキンケアで注目されがちですが、風邪やインフルエンザなどの症状があった時にも、ビタミンCは働いています。

ビタミンCは、風邪やインフルエンザに対抗するために作用する免疫を元気に働かせるのに役立ち、早く治してくれると言われています。白血球がウイルスなどに抵抗する働きを持っていますが、これを活性化させる効果がビタミンCにはあるようです。

ただし、これはビタミンCが風邪やインフルエンザを治すと言うことではなく、あくまでもサポートしてくれるということです。ビタミンCに頼り過ぎることなく、上手に取り入れることが大切です。

ビタミンCのパワーを風邪やインフルエンザに役立てるには、ひき初めの頃にたっぷりと摂取することが望ましいと言われています。食事やフルーツなどで摂取するだけでなく、吸収されやすいサプリメントや高濃度ビタミンCを用いて積極的に取りたいものです。また、体を休めたり、医師の診断を受けたりするなど、ビタミンC摂取以外の対策もしっかりと行いましょう。

■体内からすぐに排出されてしまうため毎食事ごとに摂取するのが理想的
ビタミンCは水溶性ビタミンであり、吸収性が良く、血液中や細胞の中の液体などでも溶け込みやすい反面、体内からすぐに排出されてしまって、蓄積しておけないという不便があります。ビタミンには水溶性と脂溶性の2種類のものがありますが、その特徴によって、それぞれに体に留められる時間や適した摂取方法が違っています。

ビタミンCをはじめとした水溶性ビタミンは脂溶性に比べて吸収のしやすさや体内に溜まって過剰摂取になるリスクの低さが魅力となっています。ビタミンCは、吸収もしやすいけれど排出も早い栄養素なのです。
ビタミンCは長い間、体内に留めておくことが出来ず、すぐに排出されてしまいます。そのため、サプリメントとしてビタミンCの栄養素の魅力を十分に得たい場合には、ビタミンCの定期的な摂取を心がけたり、長く体の中に留まるようなタイプを選んだりするなど、長く留めるための摂取方法を工夫したいものです。

ビタミンCの量を保ちたいなら、基本的には毎日の摂取が必要となります。できれば、毎食事ごとに摂取することで、ビタミンCを一定量、体内に残すことが出来るでしょう。蓄積のリスクがない分、ビタミンCはキープするための工夫が大変になるようです。

ビタミンCサプリメントには美容だけでなく、ストレスや病気への抵抗力も高める効果が期待できます。しかし、ビタミンCだけでは対応不十分になることもありますし、体内に保持しにくい特徴もあるため、性質や役割を理解して、正しく取り入れて活用することが必要です。