効果・効能を知る |
"飲む点滴"高濃度ビタミンサプリメントの効果・効能wiki

       

効果・効能を知るコラム一覧

ビタミンCが美容やからだにいいことを知っている方は多いと思いますが、その理由や歴史、隠れた効果を知らない方もいるのではないでしょうか?普段の生活から飲み会のネタにまで役立つビタミンCの効果効能に関するコラム、ぜひご覧ください!

ビタミンCには様々な効果があります。有名なものでいうと、風邪予防に役立つというものがあります。現状では、1日200mg以上のビタミンCを継続的に摂ることで、喫煙をする方や寒い地域での生活環境にある方にとっては風邪予防があるということがわかっています。喫煙者に効果がある理由は喫煙をすることで酸化ストレスが増えるためであり、非喫煙者に比べて1日35mg多くビタミンを摂取した方が良いとされています。
ビタミンCを多くとれば「もっと効果が期待できる」という訳ではなく、重い副作用が生じるわけではありませんが、何らかの症状が出ることもあります。たとえば、吸収されないビタミンCが消化管内にあると下痢や吐き気、腹痛、胃腸の障害を伴うこともあります。そのため、適切な量を摂ることが大切です。

さらに、風邪予防どころか、がん治療にも効果があるという説もあります。副作用がないのかも気になるものです。実際にどのくらいの頻度で行うと効果が得られるのでしょうか?
それでは、実際にどのくらいの頻度で行うと効果が得られるのでしょうか。
効果があるビタミンCには、抗酸化作用があり、サイトカインが関係する炎症を調節したり、コラーゲンの生成をして腫瘍を囲い込んだりすることができます。
この高濃度のビタミンCの点滴をするには、血中濡度を測定しビタミンの量を調節することが必要であり15gの点滴からはじめ、少しずつ増量していきます。治療としては1回に50〜100gまで増量し、週に2回、3ヵ月間行うというサイクルで実施されているようです。
ビタミンCは、正常な細胞を傷つけることはないので、副作用もほとんど無い治療として行われています。しかし、本来はがんの治療としては、手術や抗がん剤、放射線の治療を行っていくため、代替となる医療として取り入れられています。

高濃度のビタミンC点滴療法は、がんの治療による効果が得られない方やがん治療の効果を高める目的、また副作用を少なくするために行われます。注意しておきたいのは、がん組織の種類や進行の程度、治療を受ける人の年齢や体力、免疫力によって効果が変わってくるということです。副作用がほとんどないため、がんの種類によって治療ができないということもありません。しかし、糖尿病のある方は、点滴終了後数時間のあいだに血糖値が高くなることがあります。そのため、インシュリンの量に注意する必要があります。