ビタミンCの基礎基本 |
"飲む点滴"高濃度ビタミンサプリメントの効果・効能wiki

       

ビタミンCの基礎基本コラム一覧

美容や健康にいいと言われているビタミンC。しかし自己流だと逆効果になることもあります。正しい知識を身につけて、効果が得られるビタミンCの知識をご紹介します。ぜひご覧ください!

ビタミンCはメラニンの生成を抑えコラーゲンの生成や維持に関係している水溶性のビタミンであり、シミやそばかすを防ぎ、またからだの疲労を回復させる役割や皮膚や粘膜などの健康をたすけ、抗酸化作用をもつ栄養素とされています。そのため肌にハリをもたせることや、紫外線によるシミを予防する美容効果を持っています。
さらに美容だけでなく、免疫力を高める働きにより風邪になりにくくし、ストレスに対する抵抗力を高める効果もあります。様々な働きをしてくれるビタミンは、美容だけでなく健康を保つのにも役立ちます。
しかしビタミンCはからだの中で合成されても量が少なく、また通常のサプリメントなどでビタミンCを摂ってもからだの中に蓄積されにくいという特徴があります。
ビタミンCは水溶性のビタミンであるため、毎日ビタミンCを摂ったとしてもすべては吸収されず、吸収しきれないものは排出される仕組みになっています。このことから、よりビタミンCの効果を得るために、吸収率のよいサプリメントを選んで飲むことが大切だといえます。

現在、リポソーム化されたビタミンCは化粧品などでも使用され、潤いを浸透させ効果を長もちさせることで知られています。この層があることで化粧品の場合には、美容の成分を肌の奥へ長時間送り続ける役割をしています。
たとえば紫外線が強くなる春から夏前にかけてはシミやしわ、たるみの対策となります。ビタミンCは、からだの中で作ることができないので、食事から摂ることが大切ですが忙しい方はサプリメントでとることをおすすめします。
他にもビタミンCの美容液がいま注目されています。この美容液に含まれているのは、ピュアビタミン、ビタミンC誘導体と呼ばれている成分です。これらの成分の効果として、シミやシワ、たるみなどに効果があるとされているのです。

理由の一つとしてビタミンCには、コラーゲンの生成を促す作用があります。コラーゲンが増えると自然に肌に潤いや弾力が生まれ、シワやたるみなどに効果があるのでいつまでも若々しい素肌を保つことができます。保湿成分を選ぶときにはビタミンCが入っていることも大切ですが、この保湿成分があることで、さらに乾燥からお肌を守ってくれます。保湿成分にはコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどがあります。
このように、ビタミンCには美容や健康面で様々なうれしい効果があります。今日からでも試してみる価値がありますので、ぜひビタミンCを知ってサプリや化粧品などを選んでみてください。